ご挨拶

「尊皇蔵元」山﨑合資会社のホームページをご覧いただきましてありがとうございます。当社の製品・活動等ごゆっくりとご覧下さい。

蔵元紹介

焚火

携帯ページ

HOME»  過去の更新履歴»  1999年~2000年

パティスリーラコンチュル・オカヤス (2000/11/14)

西尾市末広町2の「コーヒーとケーキの店・ツタヤ」が10月6日、「パティスリーラコンチュル・オカヤス」としてリニューアルオープンした。品ぞろえも豊富になり、地酒「本醸造尊皇」を使ったものもある。

奥三河の酒米「夢山水」 (2000/09/13)

8月25日、北設楽郡設楽町で酒造好適米「夢山水」の生産者、蔵元、関係機関による圃場視察が行われた。同時に「夢山水」で仕込んだお酒の試飲会や、お互いの情報交換が行われた。

オリジナルラベル1枚単位でも作成 (2000/09/13)

酒販店の近江屋酒店(岡崎市中島町)はこのほど、酒のオリジナルラベルの受注サービスを開始した。制作費は1枚あたり250円で、720ml入りの「吟醸そんのう」の場合、ラベル制作費を含み1本1,600円となる。

「米だけの酒」とは? (1999/10/25)

最近、灘の清酒メーカーから相次いで「米だけの酒」なるものが発売され、盛んに広告宣伝している。一見、本物志向の商品に見えるが、なぜ「純米酒」(じゅんまいしゅ)と呼ばないのか考えてみたい。