海鮮料理をうまくする酒


■中日新聞Web記事(2007年9月21日)

“三河こだわり”の純米酒 幡豆で来月1日発売

三河産の原料にこだわった純米酒「辛口純米 活鱗(かつりん)」の商品発表会が二十日、幡豆町西幡豆の酒蔵・山崎であった。十月一日から町内や近隣市町の酒販店で販売される。

続きを読む“三河こだわり”の純米酒

1.8L詰 720ml詰
税込2,415円 税込1,155円
(品番05111) (品番05112)

■辛口純米 活鱗について

弊社では、このたび愛知県産酒造米「若水」を全量使用した日本酒「辛口純米活鱗」が出来上がり、新発売の運びとなりました。この商品は「海鮮料理をうまくする酒」として、三河湾でとれた魚介類を素材とした海鮮料理(マダイの刺身、メバルの煮付け、アナゴの天ぷら、アサリの酒蒸し、ワタリガニ、シャコ等)をより美味しく味わっていただくために造りあげました。穏やかで上品な香りがあり、とてもキレの良い辛口に仕上がっております。

■酒名の由来

海の幸に恵まれたこの地域を表した山岡鉄舟の書「活鱗の地」より 祐正寺所蔵

■お酒の品質(およその目安)

清酒 特別純米酒 原料米の品種名 若水100%
アルコール分 16.0度 日本酒度 +11
原材料名 米、米こうじ 酸度 1.6
精米歩合 70% アミノ酸度 1.1

戻る